日曜日の過ごし方 (平成16年10月31日)   

2004年 10月 31日

 蔵がほとんど年中無休の為、お父さん(五代目)は日曜日も朝6時からお仕事です。

(今朝は、ボイラーの調子が悪かったようで、朝6時からバタバタしていました・・・。
大丈夫だったのでしょうか?ちょっと心配です。)

その為、日曜日は、私が子供2人を連れて出掛けなければなりません。
娘6才、息子3才の2人に親1人・・・というのは、とても疲れます。
特に3才の息子が、言うことを全然聞いてくれず、自分勝手に行動をするので、追い掛け回すだけでへとへと・・・。
もう少しおりこうさんなら・・・といつも思います。

 今日は、イオンショッピングセンターで、「小学生以下の子供 先着500名にハロウィングッズのプレゼント」というイベントがあったのですが、『29日のチラシの半券持参』とのこと。
朝からチラシを探し回ったけど見つからず、とりあえず開店前に並ばないと貰い損なうと思い、チラシがないまま車を走らせました。
(片道約20kmもあるんです。)

 なんとか開店10分前についたものの、入り口の前はもうすでにすごい行列!!
逃げようとする息子の腕をつかみなんとか列に並びました。b0029202_16514218.jpg
みんなチラシを持っているので、前に並んでいた孫連れのおじいさんに「チラシがないとダメかな?」と聞いてみると、それを聞いていた小学生の子供連れのお母さんが「チラシ1枚で子供2人までもらえるみたいだから一緒に行ってあげるよ」と親切に言ってくれました。
おじいさんも「うちも1人だから、1人連れて行ってあげよう」と言ってくれ、開店と同時に娘は小学生のお母さんに手をひいてもらい、息子はお孫さんが手をつないでくれて、無事にハロウィングッズをもらうことができました。
久しぶりに親切な方々に会ってとても嬉しかったです。
こういうことも田舎だからでしょうか?ありがとうございました。

その後、「アバレッドショー」(懐かしい!)があったので、見に行きました。b0029202_16511111.jpg
クイズやゲームに参加して、選ばれて答えが正解ならアバレッドからプレゼントをもらえるものだったのですが、最前列に座って、「ハイハイハーイ」とはりきっていた息子は1度も選ばれず、プレゼントももちろんもらえなかったので、終わった時には半べそ状態。
でも、最後の撮影会で写真を撮ってもらって、なんとかちょっとだけ機嫌がなおりました。

今日の目的は、息子の誕生日が11月なので、プレゼント探しだったのですが、おもちゃ売場に行くと、「ムシキングがしたい」と言い、小学生の男の子の行列に紛れて並び、ルールがわからないまましたので、すぐに負けてしまい、また機嫌が悪くなってしまいました・・・。
その状態で「誕生日のプレゼントどうする?」と聞いても、「お母さんのせいで(ムシキング)やられたやん!」しか答えず、結局プレゼントを探さずに家に帰ってきました。

誕生日プレゼント・・・何がいいのでしょう?
今、キャラクターで好きなのは、デカレンジャーなんだけど、「欲しい!」と言うものは、組立式(?)で小さな部品があったりして、息子には無理そうだし。
ホント、プレゼント選びって難しいですね。

今は、イオンショッピングセンターで走り回ったので、疲れて娘も息子もぐっすりお昼寝です。
私も疲れたぁ~。

四ッ谷酒造五代目妻
[PR]

# by shochuya | 2004-10-31 16:57 | 家族のこと[五代目妻] | Trackback | Comments(3)

「料理と本格焼酎の夕べ」   

2004年 10月 29日

 11月27日に「焼酎楽園」主催で「料理と本格焼酎の夕べ 大分焼酎の若き造り手たち」という会に参加します。
出席予定蔵元は、ぶんご銘醸 狩生さん、藤居醸造 藤居さんと私ですが、全員30代中盤。
この業界、高齢の方が多いので、「若き造り手」で通用しそうですが、世間一般ではもう「若き…」では通用しないだろうな~。
また、「ブースを設けず、着席でお客様と自由に焼酎談義の花を咲かす」とあるので、この3人飲まされる前に、自ら進んで飲みそうで怖い…!


「料理と本格焼酎の夕べ 大分焼酎の若き造り手たち」
日時:  11月 27日 ( 土 )
場所:割烹居酒屋「美古志」
(西新宿2-3-1 新宿モノリスビル地下1階)
問い合わせ : 金羊社『焼酎楽園』

四ッ谷酒造五代目
[PR]

# by shochuya | 2004-10-29 15:24 | 蔵・焼酎【五代目】 | Trackback | Comments(5)

病院の帰り道 (平成16年10月27日)   

2004年 10月 28日

「うわぁ~☆ ぶたさんのおうちがいっぱ~い♪」


b0029202_9505658.jpg


 夕方、病院からの帰り道、車の中での娘の嬉しそうな声。

毎年、麦や米の収穫の後の風景を見るたびに、娘は「ぶたさんのおうち♪」と喜びます。
話を聞くと「『三匹のこぶた』のお話に出てくるこぶたさんの”わらの家”」とのこと。


「こんだけたくさんあったら、オオカミさんに
吹き飛ばされても大丈夫やなぁ♪」



・・・ホント、確かにその通りです。
私自身も大分に来て、初めてこの風景を見た時にはとても感動しました。
でも、ぶたさんのおうちとは、思いもしませんでした。

せっかくなので、車を止めて、みんなでぶたさんのおうちを見ることにしました。

b0029202_1023318.jpg


大分って、とても素敵なところです。

四ッ谷酒造五代目妻
[PR]

# by shochuya | 2004-10-28 10:06 | 家族のこと[五代目妻] | Trackback | Comments(2)

3歳の息子・・・熱・・・ (平成16年10月24日)   

2004年 10月 24日

 『最近、娘(6才)はよく熱を出すけど、息子は熱を出さなくなったなぁ。
そろそろ抵抗力もついてきて、保育園で病気が流行ってもうつらなくなったのかなぁ~』
などと思っていたら、22日(金)の夕方(16:30~17:30)に通っているキッズジャズダンスの帰りの車の中で、なんとなく様子が変。
普段一重の目がパッチリ二重になっているし、いつもなら助手席でジュニアシートのシートベルトをはずして立ち上がったりするのに、じーっとおりこうに座ってました。
家に帰って、熱を計ると37.1℃。
『目の下にクマができているし、寝不足かな?』
なんて思っていたら、翌朝23日(土)に、37.5℃の熱があり、夜には38℃をこえてました。
土曜日も、もちろん保育園はあるのですが、お休みしました。

 熱がある方が、普段よりおりこうで、お着替えやトイレや歯みがきなど、1回で返事をして済ませてしまいます。
熱がある方がしんどくて、動きたくないと思うのに、不思議ですね・・・。
子供ってこんなもんなんでしょうか?

 昨晩は、夜中に39℃をこえていたようで、ずっとうなされていました・・・。
氷まくらやおでこにはる熱をとるジェルシート、飲み物などを用意しましたが、「いやぁ~や!いやぁ~や!い~ら~ん~!!」と叫ぶので、(・・・でも目を閉じたまま・・・)おでこのジェルシートだけお父さん(五代目)と暴れる息子をおさえながら貼りました。

 朝方まで、ずっとうなされていたので、見ている方も久々に辛かったです。
子供が病気で苦しそうな姿を見ているより、自分が病気の方が気分的にラクですよねぇ。

 今日はなんとか38℃以下をたもっているので、このまま治って欲しいです。
ただの風邪にしては、声が出ないので、保育園で流行っていたのどの炎症からくる熱かな?
明日、もう一度病院に行こうと思います。

 追伸:息子が保育園をお休みして寝ている間に、スキン編集をしようと頑張ったんですが、結局頑張った割には、元々あったものの色変更とフォント変更しかできませんでした。
難しいですね・・・。どうやって勉強したら良いのでしょうか?
簡単にわかりやすく理解できる方法を教えてください。
よろしくお願いします。

四ッ谷酒造五代目妻
[PR]

# by shochuya | 2004-10-24 16:49 | 家族のこと[五代目妻] | Trackback | Comments(2)

焼酎の仕込み (平成16年10月22日)   

2004年 10月 22日

 朝晩、涼しくなり、焼酎の造りにとって良い季節になりました。
b0029202_9553246.jpg何が良いかと言うと、醪(もろみ)の温度管理が容易になるからです。
焼酎の醪の温度は23度~30度程にもっていきますが、一次仕込温度→最高温度→二次仕込温度→最高温度→蒸留前の温度という具合に2つの山を描くように醪の温度管理をしなければなりません。
これが、自然に描けるのが今の季節です。
最高温度が30度を超えそうな時は、冷却しなければなりませんが、ほぼ、半日程度で済みます。
 しかしながら、気温が高い日が続く時には、醪の温度のチェックはもちろん、その対策として、冷却水の温度、時間など様々な対応が必要となります。
仕込タンクが1本であればそれだけで済みますが、日々、仕込みがあり、状態の異なる醪タンクが何本もあるわけですから、経験からくる予測が必要となります。
資金があって、サーマルタンク(*)があれば、予測は必要ないのですが…。

 とにかく、台風さえ無ければ本当に最高の季節です!!

*サーマルタンク・・・タンク1本にユニットが付いていて、設定した温度に品温を自動調節してくれるタンク。

四ッ谷酒造五代目
[PR]

# by shochuya | 2004-10-22 16:46 | 蔵・焼酎【五代目】 | Trackback | Comments(2)

焼酎酵母 (平成16年10月15日)   

2004年 10月 15日

 焼酎の香りや味を決める上で酵母は重要な要素のひとつです。

今までは、通常、鹿児島酵母の2号を使用していました。
実験的に、その他の酵母を使ってみたり、大分県産業科学技術センター様の協力を得て、培養した酵母を使ってみたりしました。
なぜ、このような事をしていたかというと、上記の他に、もうひとつ理由があります。
それは、使用する酵母をベストの状態で使う為です。
製造量が少なく、小仕込である蔵にとって酵母をベストの状態で使用する為には、酵母の発注が細かくなります。
しかしながら、最小発注数量や、昨今の芋焼酎人気による納期遅れなど問題があります。
これでは、ベストな状態で使用することが困難ですよね。

幸いにも早期から取り組んでいたので、今は安心して酒母を立てれます。

今現在、蔵使用している酵母は、S-2とS-3という2種類を使用し、原料麦の種類により使い分けています。

四ッ谷酒造五代目
[PR]

# by shochuya | 2004-10-15 16:28 | 蔵・焼酎【五代目】 | Trackback(1) | Comments(2)

保育園の遠足 別府ワンダーラクテンチへ (平成16年10月14日)   

2004年 10月 14日

保育園のバス遠足で、別府ワンダーラクテンチへ行きました。

9月下旬から、保育園では、「おたふく風邪」と「のどの炎症による熱」で、半数以上の子供が園をお休みしていました。
うちの娘と息子は、ちょうど9月初旬におたふく風邪の予防接種を受けていたので、おたふく風邪になることはなかったのですが、「のどの炎症による熱」の方はうつってしまい、先週の金曜日から園をお休みしていました。
体育の日で連休だったけれど、お父さん(五代目)は蔵の仕事があり、どっちにしてもどこにも遊びに行けないので、家でゆっくり過ごして遠足にそなえました。
おかげで、今日は、少し咳が出るものの熱もなく元気に参加することができました。
他のお友達も昨日まで園をお休みしていた人が多かったようですが、今日は元気に来ていたようです。

ラクテンチに着くと、すぐにケーブルカーに乗って山の上まであがったので、娘と息子は大喜び。b0029202_16595738.jpg
名物(?)のあひるの競争も、とても珍しくずーっと見ていました。
(チケットを2枚買ったけど、残念ながら当たりませんでした・・・。)

つり橋があったので、みんなでわたったのですが、ちょうど真ん中あたりで風がビューとふいて、私の帽子が飛んでいってしまいました・・・。ショック・・・。
b0029202_1755661.jpg
帽子が飛んでいったのを見て、橋を怖がっていた息子は余計に怖くなり、顔が少し青ざめてしまいましたが、なんとかがんばって最後までわたりきりました。
さすが3才!!
よくがんばったね!
娘は口では「怖い~」と言いながらもニコニコしながら、サッサッサッ~とひとりでわたっていました。

私が朝5時に起きて作ったお弁当もぜーんぶおいしく食べて、乗り物にもたくさん乗って、とっても楽しかったね。
ラクテンチでの時間が3時間しかなかったので、まだまだ遊びたかった子供達は心残りだったようです。
またお父さんに連れて行ってもらおうね。

四ッ谷酒造五代目妻
[PR]

# by shochuya | 2004-10-14 17:24 | 家族のこと[五代目妻] | Trackback | Comments(4)

四ッ谷酒造五代目   

2004年 10月 04日

 はじめまして、四ッ谷酒造五代目です。

 大阪の電器メーカーで6年8ヶ月、システム関係の仕事に従事し、退職して大分に戻り、蔵へ入ってから、はや6年になろうとしています。

 ここ2年は四季醸造で休みがほとんど取れない状態ですが、楽しく仕事をしています。

 それまでは、“いっぱい、いっぱい”の状態で、昨年5月に体調を崩して10日ほど入院しました・・・。
入院中、仕事から離れ、高齢の方と話したり、大相撲を見たり、新聞、雑誌、様々なジャンルの本を読み(言うほど読んでませんが…)、考え方が多少変わったと思います。

 趣味という趣味はありませんが、美味しいものを美味しくいただけること、おいしい酒をおいしく飲めることが、幸せに感じます。

~平成16年10月~
[PR]

# by shochuya | 2004-10-04 18:37 | ごあいさつ | Trackback | Comments(11)

大分県本格焼酎技術研究会球磨地域視察研修   

2004年 10月 02日

 9月28日~29日に大分県本格焼酎技術研究会球磨地域視察研修へ行ってきました。b0029202_1762848.jpg
あいにくの天気でしたが、大分県酒造会館へ集合し、バスにて一路人吉へ。
まずは球磨焼酎粕リサイクル施設の見学です。
この施設は第三セクター球磨焼酎リサイクリーン株式会社が事業主体で、7市町村・26酒造会社が株主です。
まだ、7月に稼動したばかりですが、処理能力は70トン/日あるそうです。

 次に繊月酒造㈱様へ蔵見学へ行きました。製造量は1万石(ウチの10倍)で、その割に建物は大きくなく、設備等の配置など工夫され、効率的でかつ機能的でした。

b0029202_17274521.jpg
 夕方、人吉温泉へ。
温泉で疲れを癒し、球磨焼酎メーカ様との懇親会です。
球磨焼酎の飲み方(作法)を教わり、大変勉強になりました。
(写真は、いただいた「ガラ」と「チョク」)

 翌朝、台風21号九州上陸のため、予定を変更し、逃げるように大分へ帰りました。
実際は、「逃げる」というより、「一緒に」移動していました。

四ッ谷酒造五代目
[PR]

# by shochuya | 2004-10-02 17:30 | 蔵・焼酎【五代目】 | Trackback | Comments(0)

四ッ谷酒造五代目妻   

2004年 10月 02日

はじめまして。四ッ谷酒造五代目の妻です。

娘(6才)と息子(3才)の2児の母で、四ッ谷酒造の事務をしています。

大阪出身で、ここ大分県には、現在6才の娘が生まれて3ヶ月の時に引っ越してきました。
大分での生活も、もうすぐ6年になります。

大分に来た当初は、言葉がわからないし、近くにデパートや百貨店というお店がなく、買い物に行くにも車で30分以上はしらないといけないし、とても不便で、いろいろと苦労しました。

でも、今現在では、慣れもありますが、大分はとても良いところだと思っています。
言葉はいまいち理解不能な時があるけれど、人はいいし、空気は良いし、水はおいしいし、なんといってもお魚がおいしい!!
漁師町ということもあり、とれたてのお魚をいただくことがあり、(まだまだ魚はさばけませんが・・・)大分に来てよかった~と満足してます。
大阪では、なかなか新鮮なお魚は食べれないですからね。

これから、少しずつになるかもしれませんが、大分の良いところや焼酎造りに関して、私なりに勉強したことなどを、お話していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

(平成16年10月2日)
[PR]

# by shochuya | 2004-10-02 17:20 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)