明石 魚の棚 たなか酒店   

2006年 07月 13日

 JR明石駅を降り、明石・魚の棚商店街へ。
明石焼き・蛸・アナゴ・明石焼き・蛸・蛸みたいな感じで専門店が並び、とても活気あふれるアジアンチックな商店街です。
その一角にお取引させていただいている『たなか酒店』様があります。
お店の奥には、『呑み処たなか屋』さんという立ち飲み屋もあります。
平日のお昼なのに、満員御礼。
おっちゃん達が酒をひっかけて楽しんでいました。

 次に、田中社長が「見せたいものがある。」というので、向かった先は、明石の地酒『来楽』の茨木酒造合名会社様。
その一角にある小さなステンレスタンク2本。
中身は『魚醤』の醪。田中社長が、実験的に造っているそうです。
少し味見をさせていただきましたが、上品で繊細な魚醤で、東南アジアでなめた魚醤とは大違いです。
私は、明石の鯛の刺身をこの魚醤で“ずけ”にして、それを鯛茶漬けにして食べたいと思いました。(想像だけで2杯はいけそうです。)

 昼食は、西明石駅近くの串カツ『TAKUMA』さんへ。
明石の魚の刺身から、揚げたての串揚げまでとてもおいしくいただきました。
すいません、昼から、ちょっと飲んでしまいました。
話が盛り上がり、気づけば15:20。
しまった、15:45分頃に西酒造・有馬取締役と姫路で待ち合わせしてた!!
急いで、新快速で姫路へ向かいました。

四ッ谷酒造五代目

人気ブログランキング…[蔵日記]を訪れていただきありがとうございます。
 日記を読んでいただけたら、クリックをよろしくお願いいたします。

[PR]

by shochuya | 2006-07-13 17:07 | 蔵・焼酎【五代目】 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://shochuya.exblog.jp/tb/5254490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sabai-dee at 2006-07-13 23:24
明石と姫路の中間駅に住んでます(笑)
魚醤はナンプラーやニョクマムとも違うのですよね?
たなかさん僕にも味見させてくれるって言ってたのにー(>_<)
次にスペシャルベントあるときは絶対参加しますね~
Commented by shochuya at 2006-07-14 16:30
明石での開催決定したら宜しくお願いしますorz

<< 初盆 世間は狭い!? >>