嶋自慢   

2006年 03月 18日

東京・新島の宮原酒造の宮原様より焼酎をいただきました。
b0029202_15193352.jpg

ということで、常温で利き酒してみました。

まず、『嶋自慢』麦
やさしい麦の香り、口に含むと程よく入っていきます。
そのあと、徐々に麦の香ばしい感じが押し寄せてきます。
口内で焼酎の温度が上がったからでしょう。
この焼酎に内在する『香ばしさ』『甘味』が開花した感じがします。
試してはいませんが、焼酎6:湯4でぬるいくらいのお湯割りがおいしそうですね。

次に、『嶋自慢』芋
開栓と同時に放つ芋の香り。正統派芋焼酎の期待がします。
しかし、口に含むと、「んっ?」今までに飲んだ芋焼酎と若干感じが異なります。
ちょっとビターな感じがする芋焼酎?何か大人の芋焼酎(大人しか焼酎が飲めないので表現が変かな。)
『切れ』も良く、何か都会的な芋焼酎ですね。
断然、ロックで飲みたくなりました。
原料を見てみると、「さつまいも・麦麹」、なるほど…。

以上です、編集長。


四ッ谷酒造五代目

人気ブログランキング…[蔵日記]を訪れていただきありがとうございます。
 日記を読んでいただけたら、クリックをよろしくお願いいたします。

[PR]

by shochuya | 2006-03-18 15:20 | 蔵・焼酎【五代目】 | Trackback(2) | Comments(1)

トラックバックURL : http://shochuya.exblog.jp/tb/4274722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from しょうちゅう at 2006-03-20 15:05
タイトル : 嫌いから、好きへ
焼酎を飲むようになったのは、最近のことである。子供のころは、あの芋とアルコールの匂いが嫌で嫌でしかたがなかった。のん兵衛のおやじは、仕事から帰ってくるとコップにお湯を注ぎ、一升瓶のふたを「ポンッ」と軽快にあけ焼酎を注ぎ美味しそうにチビチビ飲んでいたのを...... more
Tracked from 焼酎仮面の新嶋酒日記 at 2006-03-21 18:55
タイトル : 木村郁美の九州焼酎紀行、宇佐むぎと兼八
大分の四ッ谷酒造さんが、TBSの木村郁美の九州焼酎紀行という番組に出演されました。 木村アナがいろいろな蔵元さんをまわって一緒に焼酎を味わうのですが、ぐびっとのんでうっとりした顔をするところがたまりません。 四ッ谷酒造さんを訪ねた木村アナは、早朝から高アルコールの初留を平気で飲んでましたね。まじで酒強そうです。 木村郁美アナといえば、チューボーですよのイメージだったんですが、こないだちょっと見たら違うアナウンサーに替わってましたね。 で、この番組ですが、なぜか九州では放送さ...... more
Commented at 2006-03-21 19:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 倉庫購入 表参道ヒルズ・蔵元を囲む会 >>