今年のチャレンジ・経過報告7   

2006年 01月 24日

 現在の醪の状態ですが、1本目から順に26℃、26℃、27.5℃です。
先週から仕込みタンクの下にヒータを入れ、醪の温度を保っている状態です。
これから、蒸留までに、0.5℃/日で下がっていけば良いのですが、実際は、1℃/日の下げとなるでしょう。

一方、醪の香りですが、甘酸っぱい香りと発酵の際に出てくる炭酸ガスが絡み合い、リンゴ+レモン+マンゴーくらいかな?
味もおいしそうな感じがしますが、そこは、焼酎の醪、クエン酸の酸っぱさが前面に出ます。

いつも思うのだが、蒸留するとこの香りがしないのですよね。
また、クエン酸は揮発性ではないので、焼酎は酸っぱくならない。
このあたりを操作、調整できれば面白いかな? → 今後の課題か?

四ッ谷酒造五代目

人気ブログランキング…[蔵日記]を訪れていただきありがとうございます。
 日記を読んでいただけたら、クリックをよろしくお願いいたします。

[PR]

by shochuya | 2006-01-24 13:22 | 蔵・焼酎【五代目】 | Trackback(1) | Comments(2)

トラックバックURL : http://shochuya.exblog.jp/tb/4069889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from こだわり at 2006-01-26 20:28
タイトル : 山廃純米吟醸
山廃のお酒というと、何を思い浮かべますか?私は、何と言っても、『天狗舞』です。天狗舞の山廃純米吟醸 生ですが、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、何故か、製造中止になってしまいました。日本酒のたくさん置いてあるお店のストックを、1合 1600円で飲んでいましたが、ネット通販で、発見し、本日、クール宅急便で届きました。値段も、7135円と非常にリーズナブル!但し、お店の方から事前に連絡が入り、『実は、このお酒は、製造元が生産中止にしたので、お店のストックを常連さん向けに分けていたのですが、ネット広告...... more
Commented by You at 2006-01-24 21:54 x
醪ですが、順調に行ってくれれば良いですねぇ。

 素材は違いますが、私も圧力を変えて物(金属)を造った経験が有ります。ほんのちょっとした事がその後の特性に大きく影響を及ぼしました。

 視点を変えれば、面白い事が起こるかもしれません。

以上
Commented by shochuya at 2006-01-25 09:27
You 様

ありがとうございます。
蒸留も熱源となる蒸気圧を変えるだけで、焼酎の酒質が変わります。
蒸気量の計器も付けているところもあります。
このあたりも、蒸留酒を造る者の楽しさですよね。
(なかなか、(蔵人に、)楽しいと思ってもらえないけど…)

<< 祖母が他界… IZAYOI・原ちゃん2 >>