麦チョコの味という表現   

2013年 11月 07日

『兼八』が「麦チョコの味」とよく表現されるのですが、どこから始まったのか過去の雑誌を調べてみると…
b0029202_15513100.jpg

『Food Life 2002年6号』ではないかと。
b0029202_1551491.jpg

『友田晶子の気になる日本酒』というコーナーで、
~麦チョコの味がする不思議感動の大分麦焼酎『兼八』~という記述があります。
この友田晶子氏の記述が麦チョコ表現の最初ではないかと思います。
b0029202_1555441.jpg

2000年に『兼八』を造り、蔵の製造量も500石も無かった頃だと思います。
そんなころに注目していただき大変ありがたく思います。

同じページには、今をときめく『醸し人九平治』の久野九平治さんの記事が掲載されています。
十数年前に九平治さんと試飲会でお会いし、熱く語り合った事を思い出しました。



四ッ谷酒造五代目
[PR]

by shochuya | 2013-11-07 15:05 | 蔵・焼酎【五代目】 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://shochuya.exblog.jp/tb/21425000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kanzakerakuen at 2013-11-13 18:53
それ以前に、そう言ってましたぞ。
Commented by shochuya at 2013-11-14 09:33
言ってますね~(笑)
まぁ、雑誌記事を掘り起こしたということでお許しを。

<< Pappatoria(パッパト... 新版 本格焼酎を愉しむ >>