古いしょうちゅう乙類   

2013年 07月 15日

b0029202_15462559.jpg

応接室の棚から
b0029202_15463548.jpg

34年前くらいのしょうちゅう乙類「宇佐むぎ焼酎・さざ波」です。
何焼酎かわからないくらいの味わいになっています。
美味しいか美味しくないか聞かれると… (笑)

「さざ波」→「宇佐むぎ焼酎・さざ波」→「宇佐むぎ」という流れです。
「さざ波」は米の白糠で造ったしょうちゅう乙類、
「宇佐むぎ焼酎・さざ波」は、白糠+大麦で造ったしょうちゅう乙類、
「宇佐むぎ」は大麦のみで造ったったしょうちゅう乙類です。

大分におけるしょうちゅう乙類の変遷です。


四ッ谷酒造五代目
[PR]

by shochuya | 2013-07-15 15:46 | 蔵・焼酎【五代目】 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://shochuya.exblog.jp/tb/20731173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kanzakerakuen at 2013-07-23 08:49
白糠時代があったんですね~、存じ上げませんでした。
Commented by shochuya at 2013-07-23 09:51
九州北部は清酒どころだったので、白糠での焼酎は多かったと思いますよ。

<< 工事終了 看板山羊 >>