大麦研究会   

2010年 12月 08日

 12月7日、今年4回目の大麦研究会を開催しました。
今回は、開発中大麦のDH3の17品種と同じ圃場で育成されたニシノホシ、サチホゴールデン等の7品種の搗精試験、
開発中大麦のDH4の1品種とサチホゴールデン、はるしずく、とちのいぶき、ニシノホシの醸造試験、及びきき酒を行いました。
三和酒類㈱研究室様に大変お世話になりました。三和酒類㈱様でなければこの分析は出来ないと思います。

きき酒の感想ですが、全体的に高位での争いですが、一定条件で醸造・蒸留しても品種差をかなり感じる事が出来ました。

以下、私個人の感想です。

サチホゴールデンは、香り華やか。
はるしずくは、まろやかな口当たり。
とちのいぶき(栃木県の試験場からいただいた品種)は、香り、味ともにライトな仕上がり。
開発中大麦のDH4の1品種は、力強くなかなかの個性があり有望です。
ニシノホシは、香り・味のバランスが絶妙です。

来年は、来春に収穫されるDH4(上記DH3)の17品種について醸造試験ができるので楽しみです。


四ッ谷酒造五代目


001.gifいつも、クリックありがとうございます!
■■■人気ブログランキング■■■ [蔵日記]を訪れていただきありがとうございます。
 日記を読んでいただけたら、クリックをよろしくお願いいたします。

[PR]

by shochuya | 2010-12-08 14:39 | 蔵・焼酎【五代目】 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://shochuya.exblog.jp/tb/14548692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< イルミネーション 宮崎へ >>